ArtShop 月映

ArtShop Tsukibae

Artist Profile

ガラス作家

津守 秀憲 Hidenori Tsumori

経歴

1986
東京都にて生まれる
2011
磐田市新造形創造館 Glass Work Shop 2011/講師 津坂陽介 氏、受講
2012
多摩美術大学 美術学部工芸学科ガラスプログラム 卒業
2012
Pilchuck Glass School Summer Program/講師 De La Torre Brothers、受講
2014
富山ガラス造形研究所 造形科 卒業
2017
金沢卯辰山工芸工房 修了
2017
富山ガラス造形研究所 助手

賞歴

2011
「第47回神奈川県美術展 工芸部門」入選
2013
「美の祭典 越中アートフェスタ2013立体部門」優秀賞/北日本新聞社賞
2014
「富山ガラス造形研究所2014年卒業制作展」優秀賞
2014
「第29回石川の現代工芸展」入選
2015
「第71回金沢市工芸展」北國新聞社社長賞
2015
「第6回現代ガラス展in山陽小野田」三輪審査員賞 2015年
2015
「マイヤー×信楽大賞 日本陶芸の今ー伝統と革新展」入選
2015
「第30回石川の現代工芸展」テレビ金沢社長賞
2015
「’15日本のガラス展」入選
2015
「工芸都市高岡2015クラフトコンペ」入選
2016
金沢卯辰山工芸工房 研修者作品展/工房賞
2016
国際ガラス展・金沢2016 銀賞
2017
「第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 ロナルド・ラバコ審査員特別賞
2017
「第73回金沢市工芸展」金沢市長奨励賞
2018
「富山ガラス大賞展2018」 銀賞
2018
「第14回’18日本のガラス展」 黒木賞
2019
「国際ガラス展・金沢2019」 大賞

展覧会

2014
「津守秀憲展」Gallery Q /東京
2015
「津守秀憲 ガラス展 - 痕跡のかたち - 」 石川国際交流サロン/石川
2016
「存在の痕跡-津守秀憲」酉福ギャラリー/東京
2018
「北陸のガラス作家たち 多様化するガラス造形」/富山市ガラス美術館
2019
「TEFAF Maastricht 2019」酉福ギャラリー/オランダ

月映オーナーからのご紹介

土とガラスを混ぜることで、津守独自の作品を創り上げている。一度ゆっくり話を聴いた。ガラスの作品を作り続けていると、「キラキラに疲れてきて・・、何か別の表現がないか」と素材の研究をしたと言う。かなりの試行錯誤の結果、土との配合にたどり着いたとのこと。土とガラスを厳密に測って配合するとのこと。
彼の作品は、独創的な素材や形でありながら、何かしっかりとした規律のようなものを感じるのは、私だけだろうか。彼の作品を見る人は、そこから自分の中にある自由な部分と譲れない自己の核を発見するかもしれない。

津守 秀憲の作品一覧はこちら